つっこみ目線

日々の雑感、やってみた感想やハウツーを書いていきます。

Rの演算子%in%

Rでデータを分析しようと、ネットで調べたコードを読んでるとよく演算子の意味がわからないで躓く。

今日も"%in%"ってのがよくわからず。

10分くらいググってわかったのは、これは共通しているかどうかを確認し真偽を返してくれる演算子らしい。

> data1 <- 1:10
> data2 <- 6:20
> data3 <- 11:20
> data1 %in% data2 #data1の値がdata2に含まれるかどうか確認。
 [1] FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE  TRUE  TRUE  TRUE  TRUE  TRUE
> any(data1 %in% data2) #data1に含まれる値がdata2に一つでも含まれているかどうか確認。
[1] TRUE
> any(data1 %in% data3) #data1に含まれる値がdata3に一つでも含まれているかどうか確認。
[1] FALSE

以外とこういう演算子はさらっと書いてあるけど意味がわからんので素人には大変。

ラグビーのW杯

ここ数日はラグビーのW杯で持ちきりだったね。

南アフリカ戦は、本当に感動して泣いたし他の試合も熱くなって目が離せない感じだった。

それに引き換えその合間合間で行われた、サッカーの日本代表の試合は緊迫感もなく、眠気が襲ってくるような内容で残念だったな。

スポーツ見て感動したことって何回かあるけど、男子サッカーでそうなったことってないんだよなあ。

女子サッカーは、W杯のアメリカ戦の澤の同点ゴールとか、前評判が低かったこの前のW杯での活躍とかで感動したけど。

 

なにが違うんだろうって考えると、やっぱりチームの成熟度とかなのかなと思う。ラグビーの日本代表にしてもナデシコにしても代表チームで長期間練習してくるわけで、やっぱりチームワークの差が歴然なんだよなあ。

 

代表戦の直前だけちょこっと集まってやる程度だとなんかまとまりを感じないし、それがこっちにも伝わって気持ちが盛り上がらんのかもしれんね。

 

この後はずっと格下との試合だし、もう最終予選まで見なくても良い気がするな。

 

パナレーサー ツーキニストは長持ちでおすすめ 

 田舎に住んでいるが、車を二台持ったら負けだと思っているので自転車で通勤してます。通勤といっても片道、16キロ、ちょっとしたサイクリングで出張などで暴飲暴食して2、3キロ太っても1日2日で元に戻るレベルです。

以前は年に何回かタイヤがパンクして困ってましたが、いろいろ試すうちに下のタイヤにたどり着きました。田舎だとパンクすると本当困るんですよね。周りに自転車屋も代替の交通機関もないですから、、、、

このパナレーサーツーキニストですが、2年間、6000km程度は乗っているかと思いますがまだパンクしません。とっても長持ちなのでおすすめしておきます。

 

ただ、パンクを防ぐためにはこまめに空気を入れることが大事かとも思います。

Panaracer(パナレーサー) ツーキニスト [W/O 700x28C] Tourkinist ホワイト 8W728-TKN-W4

Panaracer(パナレーサー) ツーキニスト [W/O 700x28C] Tourkinist ホワイト 8W728-TKN-W4

 

 

ウズベキスタン戦の岡ちゃん

 

 

 

 

 

 

遅ればせながらサッカー日本代表のウズベキスタン戦について。

あくまでの親善試合とはいえ、久々になんだか気持ちいい試合でした。相変わらずセルジオ越後は辛口一本やりですが。でも、ジーコにしてもザッケローニにしてもアギーレにしても、ココまで思い切った選手起用はしなかったよね。しかも5点も取るような試合って滅多に無かった気がする。

何より試合をやる前に「勝利にこだわる。勝ちにいく。」と宣言するところがカッコいいよね。普通、就任してすぐの試合でこんな事言えないよ。自分の追い込むハリルホヂッチさんはステキです。

岡ちゃん、柴崎のロングシュートに敢えて触れずに柴崎のゴールにしたことが話題になってるけど、観戦していて驚いたのは川又との交代シーン。普通、親善試合とはいえ勝っているときってみんな歩いてピッチを出るよね。実際、本田は手を叩きながらゆっくりと交代してた。

でも岡ちゃんは、走って素早く交代したんだよね。多分、これは初代表の川又に出来るだけ時間をあげたいという気持ちの表れだったんじゃないかな。やさしいよ、岡ちゃん。見方を変えればポジションを争う相手でもあるのにね。岡ちゃんがグッと好きになったシーンでした。

 

 

 

鈍足バンザイ!  僕は足が遅かったからこそ、今がある。

女装のクオリティ

2、3日前に海老名の商業施設で神奈川県の職員が捕まったらしいけど、直ぐに男だって分かる女装をして女子トイレに入って出て来たところを、取り押さえられたらしいんですよね。

www3.nhk.or.jp

 

なんだかこれって微妙ですよね。例えば、本当にトイレで入ったとして(盗撮目的とかではなく)、性同一性障害だったら犯罪にはならないんだよね?

もっと言えば、女装癖があったとしてだけだとしても、本当の女と見間違うようなクオリティーなら捕まらない(というかバレない)と思う。

何事もクオリティー高くやらないと駄目だというお話。

 

 

 

キックバイクでトレーニング要らずで子供が自転車に乗れるようになる!

子供の自転車のトレーニングをしている親子を見かける。後ろに大人が押さえるための取っ手をつけた自転車とはいえなかなか大変そうだ。

僕らの世代は、自転車といえば、両補助輪からスタートして、一個補助輪を外して、それで次にようやく両方外して転びながら練習した。でも実はこの補助輪がくせ者で、補助輪があると転ばないのでどうしてもハンドルをこねくり回して曲がる癖がついてしまう。

補助輪付きの自転車≠無しの自転車

で全くの別物と考えたほうがよい。通常の自転車で曲がるときには体重移動が大事でハンドルの操作は二の次なんだよね。

家の娘は3歳くらいの時からキックバイクに乗り始めて、何の練習も無く補助輪無しの自転車に乗れるようになった。キックバイクはペダルのない自転車のようなもので、足でキックしながら進むようになっている。当然足がつくので恐怖感はないし、進むときには足を離すのでバランス感覚も身に付く。

 1万円弱で買えるみたい。家にあるのは初期にかったものなのでブレーキがついてないけど、ブレーキは絶対にあったほうが良い。坂道で勢いがつくとなかなか足では止まれないので。

あと、公道では危ないので走らないように。

これで、子供の自転車トレーニングで腰痛になる心配がないと思えば安い買い物だと思う。

 

 

 

アナと雪の女王を見てみた(遅

アナと雪の女王をやっと見てみた。

とはいえ、ダイジェストの映像や、Let it goは何回も聞いているので何となくストーリーを思い描いていた。

こんな感じ

雪に閉ざされた森の奥のお城に「雪の女王」が住んでいる。雪の女王は触ったものが凍ってしまったり、チェッカーズなみに触るものを皆傷つける感じだったので、人とのふれ合いをずーっと断って隠れて住んでいた。

そこにたまたまたどり着いたアナが、「そんな隠れなくてもいいじゃない。ありのままの姿を受け入れてもらえば良いのよ!」といって、人々と仲良く平和に暮らしました。めでたしめでたし。

 

結論から言うと、全然違った!!

 

まず、あっという間に出だしで裏切られたし。アナと雪の女王、姉妹だし。でも姉妹だったらタイトルがおかしくね?

例えば、「ウィリアムとイギリスの女王」っていったらウィリアムって一般人だと思うよね。まさかのアナ身内。

しばらく見てたら、僕がクライマックスの盛り上がりで出てくると勝手に思っていたLet it goがいきなりでてきちゃうし。

後はあの、デュエットで可愛い歌を歌うのも相手が実は悪いヤツってのはとっても意外。大体ディズニーでもアンパンマンでも、悪いやつってのは視聴者側には明らかに分かるように最初から描かれているものだけど、あんなに途中まで普通に書かれているのに、いきなり悪くなるのって新しいよね。

 

「真実の愛」のくだり。まあ、あの氷売りの彼とのストーリーの掘り下げが足りなく、愛は芽生えてる感じがしなかったけど、彼が必死にたどり着いたあげく、ナント「真実の愛」が姉妹愛だったのにはかなりの肩すかしを食った。

 

伏線がスカされたのはトロルのところも。2回目につれて行かれて、アナが忘れている幼少の頃のエピソードをトロルに聞くのかと思いきや、全くその辺は最後までアナには明らかにされず。

 

いろんな伏線が全く拾われないという、意外性満載のストーリーでした(悪い意味で)。

 

まあでも音楽や映像は楽しかったな。