読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つっこみ目線

日々の雑感、やってみた感想やハウツーを書いていきます。

カイロを一週間使い続ける方法

いや、そろそろ春が近づいているのにあれですが、通勤のときにカイロを使っている訳です。自転車で大体30分くらい使うんですが、職場に着けば暑いからもう要らないということで。

ちなみにカイロは、巻きポカ手首用と、撒きポカ足首用を使ってます。まあこれ、専用のカイロもあるんだけど。通常のミニのカイロでもいいので、通勤はもとより真冬に屋外で遊ぶ時などに重宝しますよ。

巻きポカ ホルダー2個+シート4個入

巻きポカ ホルダー2個+シート4個入

 

 

巻きポカ 足首用

巻きポカ 足首用

 

で、手首足首に撒いて出かけると、4つカイロが必要なわけです。 貼って出勤して、職場についたら剥がして放っておいたら帰りにはもう使えなくなってたり、運良く使えても大体1日で使えなくなってしまいます。そうすると1週間に20個使います。小さいカイロって30個入りで1000円くらい?

1ヶ月の回路台が3000円とかになりかねない。3000円あれば今時スマホも運用出来ますよ。

でも部屋に入ったら直ぐにカイロの反応を止めれば、また使えて往復1時間とかであれば1週間は軽く使い続けられるんですよね。結局はカイロって酸化反応の際の熱を利用しているので、小学校のときにやったロウソクの実験のように周りの空気を遮断すれば瞬時に反応が止まります。冷蔵庫に入れるより早く止まる。

空気を遮断するのには、まあ2重チャックのジップロックでも十分実用に堪えうるんですが、僕が使っているのは「ラミジップ」っていうアルミの袋。2重チャックだし、強度もある。何より気密性に優れてるのでオススメ。

使い方としては、カイロをいれて空気を十分に抜きつつチャックを閉める。これでもう数分後にはカイロは反応を止めて冷たくなります。

また使いたい時は、カイロを取り出して、塊があるようならほぐせば直ぐにあったかくなってきます。

まあ1枚袋があればワンシーズン持つので、50枚も要らないんだけど、1枚じゃ変えないので仕方ない。

 

 

 

。